曼珠沙華

コスメのことだったりジャニーズのことだったり

髙地くんの好きなところ

なーんか眠れなくなっちゃったから、徒然記事書く。

自分はもともと音楽が好きで、踊りを見るのが好きで、踊れる人が好き!!なんて豪語していて…実際好きな踊りをする人(所謂踊れる人枠)や歌に惹かれる人ばかり見ていたのだけども…。
何故「ダンスとは犬猿の仲!」なんて堂々と発言する髙地くんにこんなにも惹かれるんだろう???
って、たまに深く考える。

昨年の「少年たち」でミュージカルメドレーで踊る髙地くんを見た時、(なんて不器用な人なんだろう…!でも誰よりも必死で一生懸命でステージのその場にいることの楽しさと嬉しさが姿から溢れてる!)って感じて、多分その日から捕らわれたんだと思う…。


自分は昔とある踊りのレッスン生だったのだけど、その頃の経験をどうしても重ねて考えてしまう。
踊ることは楽しい。レッスンも(苦しいけど)楽しい。
でもレッスン4〜5年目くらいになると、天才型と努力型のその差に打ちのめされた。
天才型は新しいことを教えられれば難なく習得して早いスピードで上級者に食い込んでいく。
後に天才型の苦しみや壁が待っていたりもするのだけど…
自分はどう考えてもそっち側ではなかったからなぁ…。

努力型の苦しみは早々にやって来る。
新しいことを教えられても、殆どの場合すぐには体現出来ない。何がダメなのか、どこがカッコ悪いのか、自分で自分をじっと何度も見つめ直す。
そしてどうすれば追いつけるのか必死にゼロから模索する。きっと身体の一部一部細かいところまでコンプレックスと闘うのかも…。
そこから這い上がれた人がきっと努力型として上級者に食い込んでいくのだろうな…。
って、めったくそに悔しく打ちのめされた。
(…そして這い上がれなかったままの自分なのだが)

髙地くんは(ごめんねだけど)きっと努力型。
あの日からずっと髙地くんの活躍やその他諸々を見て、知れば知るほど努力型。
そして真面目。クソ真面目。
真面目故にやたらバカ正直。
未だに「ダンス苦手」って言う。
それを弄られても素直に受け止めちゃう。
でもきっと模索している。
多分苦しいほどに模索して、出来るところからひとつひとつ努力して、その成果をバンバン見せつけてくれる。
嬉しいね!

レッスン生時代落ちこぼれ組だった自分はこんな髙地くんにどうしようもなくワクワクしてしまう。

振り入れのレッスンで誰よりも熱くヒートしちゃう髙地くん。
ステージでその振りどうした?って謎な時でも真面目に踊る髙地くん。
あっ!今の意識はそこなのね?って丸わかりな髙地くん。
見れば見るほど愛しくて、褒め称えたくなってしまう。

自分は踊れる人が好きなんじゃなくて、踊りから目を背けず向き合う人、踊りに対して楽しさと畏れを併せ持っている人が好きなんだなって思った発見。

髙地くんに惹かれるのはきっとここが大きなところ。

踊りだけじゃなくて、これからまた色んな髙地くんが見れますように…☆

クサらず、奢らず、バカ正直でクソ真面目な髙地くんのままでより大きな世界に飛び出していきますように…!

デレ記事あげました…すみません!